IFAアロマセラピスト希依の心を癒やす香りと花のサロン

なごみはなたび

ハーブ 和ハーブ

2020/4/2

春の妖精、もうひとつ〜カタクリ

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 毎年春にカタクリの写真を撮ってきましたが、 カタクリ自体のお話はしていませんでした。 ということで、 今日はカタクリのお話です。 カタクリのプロフィール カタクリはユリ科カタクリ属の多年草。 古くは、堅香子(カタカゴ)と呼ばれていました。 種類はたくさんあるのですが、日本の固有種もあります。学名は、Erythronium japonicum   春先にピンクの花を咲かせ、 ニリンソウとともに春の妖精と呼ばれています。 英語ではスプリング・エフェメラルと言 ...

ハーブ 和ハーブ 毒草

2020/4/1

春先の危険な植物〜トリカブト

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 春になるとにニリンソウを見るのが楽しみなのですが、 それとセットで確認することが トリカブトがどんな植物だったかということ。 芽吹きも一緒で、自生する場所も同じ、 見た目も似ているとあれば やはりしっかりチェックしたいですよね。 今日はトリカブトをご紹介します。 トリカブトのプロフィール 毒といえばトリカブト。 数年前に事件で使われたりしたことで、 すっかり有名になってしまいましたよね。 ドクゼリ、ドクウツギと並んで、 日本の三大有毒植物として名を連ねています。 ...

アロマテラピー 心と体を整える

2020/3/31

潜在意識に働きかけて思いを強くする開運アロマ

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 香りを開運グッズに使ってみませんか? 今日は開運グッズとしての香りをご紹介します。 私は一時期、ローズウッドの香りをひたすら使い続け、持ち歩いていました。ローズウッドは陰陽五行でいうところの陰で水の気質を持った香りです。心を落ち着かせ、意志や持久力を与えて、臨機応変に動くことができるようにもちろん、これは理屈で持っていたわけではなく、一番落ち着く香りとして本能的に悟って持っていたのですが。生きるための根っこというか、大元のエネルギーを与えるために持っていたわけです ...

ハーブ 和ハーブ

2020/3/31

春の使者〜ふきのとう

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 昨日はツワブキをご紹介したので、 今日はそのフキとフキノトウをご紹介です。 これは湿性花園にて フキのプロフィール フキはキク科フキ属の多年草。 オスとメスがある雌雄異株です。 名前のフキは葉が柔らかく、 尻を拭くのに使われたからという話も。 日本原産の植物で、丘陵地や山、道端などの 少し湿ったところに自生します。 先日金時神社に伺った際に 御手水のところに フキノトウが出ていました。 早春の頃に、 花茎が先に伸びたものがフキノトウと言われます。 蕗の薹のこの「と ...

ハーブ 和ハーブ

2020/3/29

艶やかな葉が自らを守る〜ツワブキ

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 今日は昨年から書こう書こうと思いつつ、 延び延びになっていたツワブキです。 どこにいっても見かけますよね。 育てやすく、いざという時の食料にもなる。 そのツワブキをご紹介します。 ツワブキのプロフィール ツワブキはキク科ツワブキ族の多年草です。 冬にも緑の葉が生き生きと育ちます。 姿形はフキとそっくりです。 フキもキク科フキ属ですが ツワブキとは属名が違います。 花は秋から冬にかけて黄色い花が咲きます。 ツヤのある葉は 海岸沿いで自生するのに潮風から身を守っていま ...

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.