IFAアロマセラピスト希依の心を癒やす香りと花のサロン

なごみはなたび

ハーブ ハーブティー 和ハーブ

2020/8/2

夏バテ予防茶にお勧め!血糖値も抑制する桑の葉茶

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 梅雨も明けて暑くなってきましたね。この急な暑さに夏バテしやすい私たちにお勧めしたいお茶が 桑茶です。 桑茶はカルシウムや鉄分、食物繊維が豊富です。 クセのない味わいでとても飲みやすい 和ハーブティーです。 桑の葉といえばお蚕さん。 古くから養蚕に使われてきました。 中国から入ってきた真桑(別名、唐桑)などを栽培し、 養蚕に使い、 その桑が生育不良の時に 日本に自生する山桑を使ってきたようです。 山桑は歯が硬くお蚕さんの生育が遅くなるため 緊急時にしか使われませんで ...

なごみはなたび 日本の旅 野草

2020/8/1

食糧難の時代に先人が頑張った時の夏の七草

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 夏の七草2つ目は、 夏の時期だからこそご紹介したい七草です。 夏の七草 あかざ(藜、レイ)イノコヅチヒユスベリヒユシロツメクサヒメジョオンツユクサ 1945年6月に戦時中の食糧難の時に食べられる植物を夏の七草として選定したもの。戦後の食糧難の際にも改めて通達されたようです。雑草なんだけれど、食料が足りないときには身近にあるからこれを食べて凌いでねという。戦時中はとても苦労していたことがわかります。日本は現在食料自給率がとても低いですよね。もし物流が止まってしまった ...

なごみはなたび 日本の旅

2020/7/31

和歌にも詠われた夏の七草

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 春の七草、秋の七草は有名ですが、 実は夏の七草というのもあります。 それをご紹介しますね! 涼しさは よし い おもだか ひつじぐさ     はちす かわほね さぎそうの花  という和歌に詠まれた夏の七草。 勧修寺経雄という昭和初期に活躍した方が詠まれました。 どこかでみたり聞いたりしたことがあるなと思いましたが、 夏の七草だとは思いませんでした。 よし、い よしといぐさは昔から日本人が使ってきた植物で、よしはヨシズや茅葺き屋根の吹き替えに使われています。いぐさは ...

心と体を整える

2020/7/31

美しく若ガエル〜7年周期で体を見直そう!

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 私は女性なので7年周期で体調の変化が起こります。 (男性は8年周期) これは中国の昔の医学書『黄帝内経』という書物に書かれています。 ざっくり言えば 7歳 歯が生え変わる 14歳 月経が始まる 21歳 体の成熟 28歳 女性として最も充実 35歳 肌の色艶に陰り、ハリがなくなる 42歳 顔にやつれ、髪に白いものが混じる 49歳 肉体の衰え、閉経 今は35歳ぐらいから気を使っている人もいて、 50代女性でもとてもきれいな人は多いですよね! さてこの後は 肝心脾肺腎の ...

ハーブ ハーブティー 心と体を整える

2020/7/30

これからすぐ来る酷暑に備えるハーブたち

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 梅雨明けの見通しが出たようですね。 なんでも今日から気温が上がり、 8月2日ごろには30度の酷暑になる見通しとか。 今まで梅雨の湿気だけだったのが、 湿気と熱気も加わって大変な状況になるとか。。。 こんな時は引きこもっていたいけれど、 家にいても熱中症の可能性もあるので 十分注意しなくてはいけませんね。 夏の暑さで体調不良 夏にバテてしまうのは暑さによる自律神経の乱れです。体がだるい、疲れが取れない、気力がわかない、食欲がない胃がもたれる、下痢、便秘が続く急に体重 ...

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.