和ハーブ

いつもイライラしていた伯母のハーブティー 〜スギナ

2021/1/30  

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 子どもの頃の話、もうひとつ。我が家は伯母も一緒に住んでいたのですが、スギナのハーブティーを愛飲していました。 スギナは日本で一番小さなトクサの仲間。胞子茎がツ ...

春の七草栽培日記

2021/1/28  

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 七草のパックに入っていたナズナとホトケノザが根付きだったので植えてみたのですが、噂通り野草を育てるのは難しいですね。最初の葉は水につけていた時は丈夫そうでした ...

日本の赤を作りだす花〜ベニバナ

2021/1/3  

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 唐辛子がたくさんついた煎餅のような見た目のもの。先日の講座で写真を撮ってきた『紅餅』です。 この写真の紅餅は赤がきれいに出ていないそうですが、それでも花びらが ...

地域性が見える調味料〜七味唐辛子

2020/12/17  

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 資料整理をしていたら、七味唐辛子を手作りした時の資料が出てきました。これは講座でオリジナル七味を作った時のもの。そういえばこうやって作ったなあなんて思いつつ、 ...

日本の歴史上、最高の売り上げをあげた薬

2020/12/11  

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 最近少し体調不良が続き、お腹の調子が良くなくて胃腸薬をいくつか飲んでみたのですが、一番効いたのは陀羅尼助でした。 陀羅尼助(だらにすけ)って知っていますか? ...

無患子(ムクロジ)は子どもが患わ無いための縁起物

2020/12/8  

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 拾ってきた木の実にはこんなものもあります。真っ黒で硬い実です。決して鳥の◯んではありません。これはムクロジという木の実の種です。 ムクロジは無患子と書きますが ...

日本最古の記述のある外用薬〜ガマ

2020/12/3  

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 日本で一番古い薬草の記述は古事記に記されています。その植物はタチバナとガマです。それもとってもポピュラーなお話なのですが、思い出せますか? タチバナは日本の薬 ...

沖縄の常備野菜といえば・・・?〜フーチバー(ヨモギ)

2020/12/2  

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 沖縄では食べるものこそ、生きるを養うための自然の薬として命薬(ぬちぐすい)といわれるそう。 沖縄ではチャンプルー(ごちゃ混ぜ)という言葉があるように古くからア ...

和ハーブフィールドマスターの試験に挑戦してきました!

2020/11/23  

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 しばらく資格試験のためにいろいろしていたのですが、 その試験も終わり少しほっとしています。 なんの試験かというと 和ハーブ フィールドマスター という資格の試 ...

美容運を高めてキレイにいきましょう2〜ブドウ

2021/3/28  

フラワーヒーリングセラピストの希依です。 ブドウの効果についてちょっと詳しくみてみましょう。 疲労回復が早く、脳の栄養源になる ブドウから抽出され、医療用にも使われているものにブドウ糖があります。ブド ...

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.