IFAアロマセラピスト希依の心を癒やす香りと花のサロン

なごみはなたび

毒草 野草

2年かかって花が咲く〜ムラサキケマン

2020年4月30日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

今日はムラサキケマンです。
今の時期に咲く紫の花で スミレやキランソウと一緒にさりげなく咲いています。

実はコレは毒草なのです。

ムラサキケマンはケシ科キケマン属の2年草です。
花の形が仏間の欄間にある華鬘(ケマン)に似ていること、
花の色がムラサキなので、ムラサキケマンになったとか。

春発芽、初夏まで成長した後一度地上部は枯れ、
団子状の塊茎を残します。
秋に再び葉を出し、越冬。
翌年春に花を咲かせ、6月ごろ結実すると 全体が枯れます。
こぼれ落ちた種は来年の春に発芽します。

湿った木陰に育ち、
都市部でも道端や自然公園、 郊外の畑の脇にも出ることがあります。

全草が全て毒があり、
誤食すると嘔吐、呼吸困難、心臓麻痺などの症状が出るそう。
また植物全体で傷をつけるとでる汁は悪臭がするとか。
山菜であるシャクと 生育場も葉の形もよく似ており注意が必要です。

*メルマガ登録
https://kie-aroma.jp/p/r/lTr4YC8P

-毒草, 野草

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.