IFAアロマセラピスト希依の心を癒やす香りと花のサロン

なごみはなたび

花散歩

花散歩*あなたは魅力に満ちている〜ブーゲンビリア

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

南国のお花で ハワイのイメージも強いブーゲンビリア
赤やピンク、白、黄色、紫、オレンジなど 色とりどりの綺麗なお花です。

オシロイバナの仲間で (オシロイバナ科ブーゲンビリア属)
和名は筏葛(いかだかずら) または九重葛(ここのえかずら)といいます。

ピンクや赤、白などの綺麗に見えるところは
苞(ほう)と呼ばれる葉で、
その中心にある3つの白い小さな部分がお花です。

元々南米原産の熱帯雨林で
ブラジルでフランスの探検家の ルイ・アントワープ・ブーゲンビルが
発見したことで ついた名前がブーゲンビリア。

インドのアーユルヴェーダでは
糖尿病の治療にブーゲンビリアの葉に含まれる成分が
効果を持っているということで、
民間療法として使われてきました。

日本でも5度以下にならなければ育てられます。
春から秋は屋外で、冬は屋内に入れます。

日本では 宮崎空港で育てていたブーゲンビリアが
一回り大きい新品種として見つかり、
宮崎空港初代社長にちなんだ名前が付けられているそうです。

*メルマガ登録
https://kie-aroma.jp/p/r/lTr4YC8P

-, 花散歩

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.