和の意識・勾玉セラピー 心を養う

私たち日本人だけが自然の音を『声』として聞いている

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

この季節、 夜静かな時に聞こえるのは虫の声ですね。

なんの虫なのかな?とか
今日はずいぶん大きな声に聞こえるなとか
秋を感じるよね〜とか

いろんなことを考えながら 虫の声を聞くとリラックスできますね!

この虫の声って
日本人とポリネシア人しか聞こえない
ということは知っていますか?

それは脳の使い方に違いがあるのだそうです。

右脳は音楽脳と呼ばれ、 音楽、雑音、機械音などを判別します。
左脳は言語脳と呼ばれ、 人の話す声を処理しています。
これは全世界の人共通。

違うのは虫の声を 西洋人は音楽や雑音として処理し、
日本人は言語として聞いているのだそう。

それは虫の声に限らず、
動物の鳴き声、風、波、雨音、川のせせらぎや
邦楽の楽器の音も左脳で聞いているのです。

つまり、 自然の音を楽しんでいるのは日本人だけ(ポリネシア人も)
なんとももったいないですね。

これは日本独自の自然観や 言語で擬音が多いことと日本人の生理的な特徴から
すべての音を声として聞いているのだとか。

自然にあるすべてのものに命が宿るなら、
その生きているものには声があるということですね。

ワンワン、ニャーニャーとかは 犬や猫の声。
サラサラ、シトシトなんていうのも 川や雨の声。

こういうところから 日本独自の世界観が出来上がっていったのでしょう。
私は秋に虫の声を堪能できて幸せに思います。

*メルマガ登録 https://kie-aroma.jp/p/r/lTr4YC8P

-和の意識・勾玉セラピー, 心を養う

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.