和ハーブ

今が見どころ!お彼岸に咲くヒガンバナ

2020年9月23日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

ヒガンバナがきれいに咲き始めましたね!
自宅近くの川辺の公園の水際にはこんな感じでまとまって生えています。

ヒガンバナには曼珠沙華(マンジュシャゲ)という
とてもおめでたい名前もあります。

ヒガンバナというのは お彼岸の頃から咲き始めるから。
今日は立秋ですが、
お彼岸は立秋を中日にしての前後7日間のことをいいます。
中日にご先祖さまに感謝する日で、
残りの6日で六波羅蜜をひとつづつ納めるのだとか。

ヒガンバナに戻して。

ヒガンバナはとてもきれいな花ですが、全草に毒があります。
無闇に触ったり、手折ってはいけませんよ!
かぶれたりすることもありますから。

田んぼのあぜ道やお墓周りに植えられていたのは
もぐら除けだったとされます。
ヒガンバナの毒の根でもぐらに田んぼやお墓を荒らされないようにしたんですね。


飢饉の際には根を水でさらして毒を抜き、
デンプンを採取して食料にしたようですが、
本当に困った時の非常食中の非常食だったようです。

***

もうひとつ、 台風が近づいていますね。
昨日の予報よりは少し東にずれているようですが、油断は大敵!

みなさま、 お気をつけくださいね!

昨年の台風で閉鎖になっているハイキングコースもあり、
やっと復旧したところもあるのですが。
また再び被害が出ないことを祈ります。

-和ハーブ,

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.