IFAアロマセラピスト希依の心を癒やす香りと花のサロン

なごみはなたび

ハーブ ハーブティー 今日のハーブ 和ハーブ

日本のローズ

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

今日のハーブは日本のローズのあれこれです。
日本にもそのバラは自生しており、
ノイバラハマナスは世界でも有名です。

ハマナスというと現在の雅子皇后陛下のお印でしょうか。
皇后陛下が皇室に入られた時に発表されたお印のハマナスをみて、
日本にこんな有名な花があるんだなと思った記憶があります。
ハマナスは日本原産のローズなのです。

万葉集にもこのバラについて謳われており、
茨城はバラの産地だったことからついた地名だそうですよ。
茨城はバラの産地ということですね。

ハマナスのプロフィール


ハマナスはバラ科バラ属の低木。
赤い一重の花で、5〜8月にかけて咲き、 実は8〜10月に赤い偽果を付けます。
寒い地方の海岸に多く、日本では北海道を中心に見られます。
北海道の県花にもなっていますね。

学名 Rosa rugosa

もともと実がなしに似ていて浜辺になるところからハマナシだったのが
北特有の訛りでハマナスになったとか。

このハマナスはビタミンCが豊富です。
ビタミンCの爆弾とまで言われていますよね。 その量はレモンの20倍。
このビタミンC、血管を構成するコラーゲンを体内で合成するのに必要です。

江戸時代後期に北海道に入植した多くの秋田藩士が このビタミンÇ不足からくる壊血病にかかり、
アイヌの人からの知恵でハマナスから命を救われた話が記録されています。
*壊血病はビタミンC不足で体内でコラーゲンが生成できなくなる病気
アイヌの人のビタミンを補うお茶だったんですね。

女性に嬉しい効果たくさん

実の方はビタミンCや食物繊維が豊富。
そしてこのビタミンCは熱をかけても壊れないのです。

ビタミンA、Eも含んでおり美肌が気になる女性にもいいですね。
ミネラル、カルシウム、鉄分も含んでいます。

美容にもいいだけではなくホルモンバランスも整えます。
もちろん、ノンカフェインですから妊娠中でも安心して飲めます。
ハマナスもやっぱりバラ科ですから、
その香りは安眠、美肌、鎮静、免疫力強化、ホルモンバランス調整などなど
女性に嬉しい効果を持っています。

ハマナスも 香りもとても良く、癒やし、リラックスになります。
気持ちを落ち着かせ、心も体もゆったりで幸福感をもたらします。

バラのお茶いろいろ

ローズヒップティー 
ハマナス(もしくはドッグローズ)の実が原料。
ビタミンC豊富で美容にも風邪予防にもおすすめ。
発汗を促したりホルモンバランス改善やデトックスにも。

ハマナス茶 
ハマナスのつぼみをお茶にしたものメイグイファともいいます。
自家栽培で作っている以外はあまり手に入らないかもしれません。
貧血防止とか冷え性にもいいそうです。
中国茶のブレンドで花の蕾が入っていることがありますが、 あれがメイグイファです。

ローズペタル
これはハマナスの花びらではなくガリガ種のバラの花びら。
ガリガ種は精油を採るバラの種類で、 酸味はありません。

ローズティー飲み方

ローズヒップはシングルティーよりもブレンドティーがおすすめです。
酸味が気になる方はハチミツを加えたり、 冷やしたり、ゼリーで固めるのもいいですね。

ローズヒップ+ハイビスカスは鉄板のブレンドです。
ローズヒップのビタミンCとハイビスカスのクエン酸で お肌も疲れも蘇ります。
ティーバッグでたくさん売られています。

炭酸水にティーバッグを半日つけておき、 ティーソーダにするのもおすすめです。
長持ちはしないので1日で飲みきってね。
それと甘みはないのでお好みで甘味をどうぞ。

フルーツの混ぜてブレンドするのも見た目も綺麗です。
リンゴやベリー類は特によく合います。

飲みすぎ注意!

そしてビタミンCや食物繊維が豊富なので、 飲み過ぎは注意です。
お腹が緩む、腎臓への負担になることもあります。
1日1〜2杯にとどめてくださいね。

心にも

心の静けさをもたらします。
なにかしっくりこないというような不調和の感覚から開放してくれるのです。
それは自信に繋がり、信頼に繋がり、心を強くしていきます。


寝る前のナイトティーとして リラックスにローズヒップティーで 心も体も整えてみてはいかがでしょうか?

*メルマガ登録 https://kie-aroma.jp/p/r/lTr4YC8P
*お問い合わせ http://kie-aroma.jp/l/u/2ipbt8VILQlCuWoC

-ハーブ, ハーブティー, 今日のハーブ, 和ハーブ

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.