なごみはなたび 心と体を整える

花粉症の症状を軽減するには?

2020年2月26日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

花粉症の症状が出始めた〜と ツイッターでも話題です。
コロナの影響からマスクが手に入りにくく、 私も予備が30枚ほどしかない状態です。

花粉症といえば、 実は症状を和らげる方法はあります。

実際、 私はひどい花粉症で、 病院に通い、
強い薬で体はふらふらという時代がありました。

花粉症の症状も辛いけど、
薬を飲んでふらふらという状況も辛く、
なるべく薬を飲まなくていいように、
薬が切れて症状が出始めるまで 時間を空けたりしていました。

花粉症にいいというものは すべてやってみたように思います。
現在はたまに目が痒くなり、 たまにくしゃみが出る程度。
2009年ごろから 症状が少ししか出なくなりました。

でもその当時いろんなことをやりすぎたので、
実際どれが良かったのかわかりません。

その中でこれは良かったんじゃないかな?と 思えるものをいくつか紹介します。

発酵食品


これはチーズやヨーグルトではなく、 味噌とぬか漬けです。
漬物は自分で漬けていました。
納豆とかも朝昼晩と食べてましたね。

チーズ、ヨーグルトは嫌いなのではなく、
牛乳が苦手なのだから、 牛乳が原料のものはやめておこうと思っただけ。

お茶類

お茶好きなのでいろいろいいと言われたものを 飲んでいました。
煎茶、コーヒーは封印し、 紅茶、烏龍茶、プーアル茶などですね。
これは発酵茶ですね。

西洋ハーブはエキナセア、レモンバーム、 エルダーフラワーなどを飲んでいました。
甜茶はあまり好みじゃなくて、 あまり飲んでいません。

えごま油

テレビでいいらしいと聞いたので。
それ以来ドレッシング類を使わなくなったので、
そちらの影響もあるかもしれません。

プロポリス

プロポリスといえば、免疫疾患に良いとされます。
花粉症はアレルギー反応ですが、
免疫系を正常に働くように助けたのではないかと思ってます。

オーストラリアに旅行に行った際、 購入したプロポリスを飲んでいました。
オーストラリアに行ったのに 確かニュージーランド産だったことは覚えてますが、
メーカーとかは全く覚えていません。

量は5滴程度を小さじ1杯のハチミツに混ぜて食べるという方法でしたが、
慣れてくるとそのまま舌の上に垂らしていました。
恐ろしく痺れるんですけど。

食べ過ぎないこと。
よく噛むこと。

よく噛まないと 口の中で咀嚼ができずに、
食べ物はそのまま胃に送られます。

本当ならあるていど口の中で細かくなり、
唾液と一緒に胃に送られるのですが、
そのまま胃の中で食べ物を細かくし、 溶かしていきます。

それじゃ、 胃に負担かかりますよね。

食べ過ぎも同じ。
たとえ口で咀嚼をしていたとしても、
大量に胃に入ってくれば消化に時間がかかります。

それも胃の負担なのです。

花粉が飛び始める春はデトックスの季節で、
体の中を綺麗にするために 肝臓が頑張るのですが、
胃腸でエネルギーを使っちゃうのですね。

何かの才能に蓋をしている

今花粉症で悩まされているなら、
もしかしたら何かしらの才能に 蓋をしているのかもしれない。
昔参加した心理系のセミナーで聞いた話です。

才能だけではなく、 問題かもしれません。
ブレーキをかけていることが取り除かれたら、
花粉症がラクになるのかもしれません。

私も花粉症が楽になった時期に
ストレスだった人間関係が改善しています。

まとめ

花粉症が楽になった原因を探ってみました。
今年は辛くてももしかしたら来年はラクになる かもしれません。
もしやったことがないことがあったら、
ぜひ挑戦してみてくださいね。

来年は花粉症が軽減しているかもしれませんよ。

-なごみはなたび, 心と体を整える

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.