IFAアロマセラピスト希依の心を癒やす香りと花のサロン

なごみはなたび

なごみはなたび 心と体を整える

釜利谷市民の森へ〜森林浴は日本発祥

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

釜利谷市民の森を歩いてきました。

森を歩く時はいろいろな雑念から取り払われるので、
実は思考がすっきり知ることが多いのです。

ネガティブな気持ちで来ても
歩いているうちにすっきりとした気持ちになり、
ハッピーな気持ちで帰路に着くことができる。

仕事で悩んでいても
人間関係に疲れていても
ただ座って 風に吹かれていたり、
水の音や鳥の声を聴いていたり、
それだけで心は晴れてくるのです。

歩くことが苦ではないなら
こうした森を歩くのもオススメです。
ただし、しっかりした紐の靴が必要です。

森歩き・森林浴のいいところ

実はこの森林浴は日本発祥のものなのです。

森の中で癒されるという考え方は
日本独特のものなのですって。

1983年に林野庁が
森行って癒されてね〜という森林浴構想が元になっています。
そこから体にどのような影響があるのか 研究が始まったのだとか。

森林浴で私たちが受ける恩恵は フィトンチッドとマイナスイオン

フィトンチッドは植物が発散する活性物質です。
自ら傷ついたときに発散し、殺菌力があり、
自らを癒す揮発性の物質です。
微生物の活動を抑制する働きもあります。

森の中では 腐ったり枯れたりしていくものがあっても気にならないのは
このフィトンチッドの殺菌力のおかげなのかもしれませんね。

マイナスイオンは大気中に存在する負の電位です。
特に水のある場所、水しぶきが上がる場所に多く存在します。

水のあるところって爽快感もあり、
浄化されていますよね。

このマイナスイオンは副交感神経を活性化し、
心と体をリラックスさせ、 細胞の活性も促します。
疲れが取れるんですね。

英語では森林浴を Forest bathingというそうですが、
そのままSinrin–yokuとして広まっているそうです。

もしあなたが疲れてしまったら、
少し休んで森へ行くことをお勧めします。
都内にもとても多くの森林公園があります。
行かないのは勿体無いですよ。

-なごみはなたび, 心と体を整える

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.