花ごよみ

【花ごよみ】さあスタートを切ろう!まだまだ大丈夫!【2021年穀雨】

2021年4月19日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

4月19日朝の5時33分
二十四節気の穀雨(こくう)という季節に入りました。

春の雨が植物を潤して、種まきの時期を迎えます。

清明になると雪が降らなくなり、
穀雨になると霜が降りることもなくなる

という言葉があるそうですが、
暖房器具も冬服もしまう時期ともいえますね。

今回の花ごよみは

さあスタートしよう!
まだまだできていない人も間に合うから大丈夫!

というメッセージがあります。
大丈夫だけれど、安心し切ってはいけないですね。
素敵な穀雨のスタートにしてくださいね。

今回のお花は

満点星(灯台躑躅、ドウダンツツジ)
黄花片栗(キバナカタクリ)
岩団扇(イワウチワ)

の3つです。
お好きなお花を選んでメッセージをご覧くださいね!

満点星(灯台躑躅、ドウダンツツジ)

最初はドウダンツツジです。
満点星というのは中国での名前で、
日本ではこれもドウダンツツジと読ませるのだとか。

ドウダンツツジを選んだ人は
次のステップの前にちょっと休憩中の人です。

次のステップを考えつつ、今を見つめ、
全てを受け入れたら次に向かおうと思っています。


しかし、自分の中に安堵感や安心感、安定、
完成したという気持ちがあって、
お腹がいっぱいの状態です。

新しい可能性があっても手を出せない状態なのです。

その可能性とどう向き合うのか、
自分の中の満腹感をいかに腹八分目までにして、
受け取るのかが大切なことになっていきます。

今に満足せずにしっかりと向き合うことが必要です。

黄花片栗(キバナカタクリ)

キバナカタクリを選んだ人は将来の明るい兆しが見え始め、
心も体も余裕が出てくるというころです。

一旦立ち止まり、それを安定させましょう。

休むことで余裕が見つかり、
感謝できる気持ちが大きくなります。

現実的に物事を判断し、未来を考えていくことができます。
その気持ちは常に客観視してください。

今後の目的地や道のりが次第に見え始め、
進んでいく道と覚悟が決まります。

また、嬉しい気持ちは一人で噛みしめずに
誰かと分かち合ってください。
独りよがりになってしまう心を整理できます。

岩団扇(イワウチワ)

岩団扇を選んだ人は今誰かのために奉仕して行こうと思っている人です。

あなたが持っているもの、技術、知識、経験など
なんでもいいので、どんどん提供していきましょう!

そしてあなた自身も謙虚な気持ちで、
人にお願いをしてみましょう。

今のあなたは自分自身で力がついてきたと実感できています。

何事もポジティブに取り組むことができるし、
リーダーシップも発揮できます。

あなたの魅力が存分に伝えられますよ!

**++**++**

いかがでしたか?
出遅れたと思っている人ほどいいスタートを切るタイミングを待っていたのだと思います。
素敵な未来に歩き出しましょう!

-花ごよみ

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.