花ごよみ

知るとうまくいくきっかけに〜月のリズムとボイドタイム

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

満月がすぎ、今は月が新月に向かって細くなっていくフェーズです。

一気に食欲が落ちたように感じませんか?
私はこの新月までの期間は一気に食欲が落ちるんです。
無闇に食べなくなる時期で、食べるのは1日に1〜2食。
お腹空いても意外とお腹空いたな〜と思うだけで余分に食べることもなく過ごせます。
これが満月までの間だと食べ物求めて冷蔵庫を開けているところですけど。
月のリズムは食欲も関係しますね。

月のリズムは食欲、体の健康、
そして心の動きにまで影響を及ぼしています。

占星術で月は自分自身の心を表しますし、
女性は特に女性ホルモンが影響します。

それは月が地球に近づいたり遠のいたりすることで、
引力が変わるので、潮の満ち引きが起こります。

人の体の60%は水分なので、
体の中でもその水分が影響を受けています。

実際、出産時期は満月、新月を超えた数日後が多いですし、
女性の月経にも影響があります。

海で言えば、
6月の大潮の時にはサンゴの産卵があると言われていますね。
大潮は月が地球を回るときの遠心力が加わり、
満潮と干潮の差が大きくなる時のことをいいます。

PexelsVladyslav Dushenkovskyによる写真

体にも影響があるのですから、
心にも当たり前のように影響があります。

その月の影響を受けにくい時間が
ボイドタイム と呼ばれるものです。

月は1ヶ月で地球を一周しますが、
その間に12星座を通り抜けていきます。
ボイドタイム はその他の天体との繋がりがなくなる時間のことです。
ほんの数時間のこともあれば丸1日続くこともあります、

この時間は物事のスタートに適さないとか表現力の低下、
感情のコントロールの低下などが起きやすいと言われます。

アメリカのデュポン社では
このボイドタイム に会議をしてはいけないという規則があります。
この時間にでたアイデアや計画は
最終的に良い成果が得られないという理由だそうです。

お仕事上ではあまりよろしくないボイドタイム ですが、
活用方法もあるのです。

*日々のルーティンワークをする。
この時間はボーッとしやすいので、決まり切ったことをするのがお勧めの時間です。

*ひとりでできる仕事をする
ボイドタイム 中は意思疎通が難しくなり共同作業には向かないとされます。
この時間は自分だけの時間として没頭するのもお勧めです。

*内観や瞑想をする
ぼーっとしやすいので内観や瞑想はぴったりだと言われます。
自分を静かに見つめるのもいい時間になりますね。

月のリズムは心と体のバランスにそのまま直結しています。
そのリズムを活かしていきましょう。

-花ごよみ

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.