花ごよみ

2021年大暑の花ごよみ〜今月やっておきたいこと

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

大暑の花ごよみをお届けします。

大暑は二十四節気の立春から始まって十二番目の季節です。
夏の一番最後の季節でもあり、
2020年前半の総まとめの時期ですね。

梅雨明けの暑さに慣れていない体には
特に暑さが厳しく感じられる時でもあります。

今回のテーマは今月やっておきたいことです。

今回のお花はこちら。

御柳擬(ぎょうりゅうもどき、ヒース、エリカ)
山紫陽花(やまあじさい)
沼酸塊(ぬますぐり、ブルーベリー)

お好きなお花を選んでメッセージをご覧ください。

御柳擬(ぎょうりゅうもどき、ヒース、エリカ)

今月やっておきたいことは望むことを明確にすることです。

今取り組んでいることで成果が見られないことや
不安や心配などから迷いが生じているのではないでしょうか。

先が長いと感じてしまうことで落ち込んだり、
やめてしまうなどがないように
目的地を整理してみましょう。

今まで歩いてきた道を変更することになっても
気持ちを切り替えていくことで大きく状況が変わります。

山紫陽花(やまあじさい)

今月やっておきたいことは視野を広げることです。

自分の欲望のために自己中心的になり、
相手への思いやりや配慮が欠けていませんか

人と争ったりして手に入れたものは
えられても満足感はとても少ないものです。
またそれをえた時に失ったものがとても大きな喪失感をもたらします。

まずは状況を整理しましょう。

相手はどう思っているのか、今の状況はどうなのか、
一歩引いてみることで相手をよく知るきっかけになります。

沼酸塊(ぬますぐり、ブルーベリー)

今月やっておきたいことはチャンスと感じたら迷わずに行動することです。

今は全てうまく行っているので
その中でうまく行きすぎて怖いという気持ちが出ています。

落ち着いて状況をみることで心を満足させ、
明るく楽しい気持ちがたくさんのチャンスを引き寄せるきっかけになります。

あなたの頑張りが大きなチャンスを掴み、実を結びます。

いかがでしたか?2021年後半の気持ちきっかけになればとても嬉しいです。

-花ごよみ

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.