ハーブ

美味しくないけどお肌のお薬に〜ヘビイチゴ

2020年5月11日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

本日のご紹介はヘビイチゴです。

見た目毒々しさも感じる実をつけるヘビイチゴ。
危険な感じももするかもしれませんが、
実際には毒はないんですよ。

ただ食べてもボソボソして味もなく
美味しくないのだとか。
確かに見た目は美味しそうじゃないですね。
でもジャムにして楽しむ方もいらっしゃいます。

ヘビイチゴは バラ科キジムシロ属の多年草です。
地を這っていく匍匐型の茎を伸ばして、
周囲に広がっていきます。

葉は三出複葉(さんしゅつふくよう)で、
3枚で1つの葉になります。

葉のグリーンが柔らかく明るい色で、
春先は黄色い花が咲き、その後赤い実をつけることで、
見た目が可愛らしいので、
グラウンドカバーとして育てている人もいますね。

日向というよりは
少し湿り気のある直射日光が当たらないところに
自生します。

実際近くの森では
ドクダミの繁殖力にも劣らないほど
ヘビイチゴが群生していました。
ここってすごいかも!

ヘビイチゴの名前の由来は
・美味しくなくてヘビが食べるんだろう
・ヘビがいそうなところに生えている
・イチゴを食べにきた小動物をヘビが狙う
などの説があります。

そんなヘビイチゴですが、
実は皮膚にとてもいい民間薬になります。

肌荒れ、虫刺され、やけど、ニキビ、 あせも、フケ、かゆみなどなど。

食べて美味しくなくても
ちゃんと民間薬として使われたんですね。

この民間薬は
ヘビいちごの実を35度以上の焼酎に漬け込んでおくだけ。
振ったり混ぜたりも必要なく、
『冷暗所へ2〜3週間ほど置いておくだけです。

綺麗に洗って水気を取った赤い実を使ってくださいね。
琥珀色の液体になったら、果実を取り出して保存してください。

今年はもしかしたら作れるかもしれないな〜楽しみ♪

*メルマガ登録
心の整え方を綴っています!
メルマガ会員限定ネットお茶会やセッションなどもあります。
https://kie-aroma.jp/p/r/lTr4YC8P

-ハーブ

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.