なごみはなたび

買ってきたお花が長持ちしない理由

2021年3月28日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

桜が満開ですね。
今年は長く楽しめそうかな?

外で桜やお花を見る時って
とても心が気持ちがいいとか
前向きな気持ちになれたり、
元気が出てきたりしますよね。

でもうちに帰るとなんだか不機嫌になったり、
気持ちを押さえつけてしまったりと、
さっきまでのご機嫌さは
いったいどこへ行ってしまったのかしら?なんて思うことも。

それは植物から受けるエネルギーの違いです。

外に出かけるとその植物は
大地のパワーも一緒に惜しみなく放出中。
それがホントに心地好いと感じます。

ありのままの姿で野に咲く花のパワーは
どんなに小さくても私たちを笑顔にする力があるのです。

じゃあ家の中はどうでしょうか?

『花ってすぐ枯れちゃうから
 もったいなくて買えないのよね〜』

なんていう人、実は結構多いですよね。

自宅こそが最強のパワースポットのはずなんですが、
お花を飾ることさえも躊躇してしまう。
植物は枯らしてしまうから育てない。
そういう人は多いんですよね。

なんてもったいないのでしょう。

自宅に花を飾ったり、植物を育てることで養われる心があります。

それは変化にすぐに気がつくということ。

切り花は長くて10日ほど。
だいたいが5〜7日程度のお世話が必要です。
そのお世話をすること自体がお花に気をかけていますね。

植物を育てるなら芽生えて育って花が咲いて結実するまでの
長いスパンをお世話することになります。

植物の変化を見ることで、
その周りについても気がつくようになっていきます。

ちょっと床がきれいじゃないから拭こうかなとか
ホコリが溜まっているところが目についたり、
いつもよりトイレ掃除に力が入ったりするんです。

気持ちが変化していくんですね。

特に切り花はその場を明るくし、浄化作用があります。
きれいに掃除された場所なら花は長持ちします。
そして花が枯れた時そこに感謝の気持ちが生まれてくるのです。

反対に掃除されていない部屋なら、
花は浄化するために頑張ってしまうので、
早く枯れてしまうと言われています。
ほったらかしで水も替えなかったら感謝の気持ちも生まれません。

その気持ちの変化に気がつくことも嬉しいことなのです。
ぜひお花を飾ってみてくださいね。

-なごみはなたび

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.