┗花散歩 なごみはなたび

なんだか焦ってしまう心は歩いて呼吸を整えることで解消!

2021年5月14日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

5月に入ってお天気もそこそこいいし、お散歩をしているでしょうか?
今日は気持ちよく歩くことをお勧めしたい!と思います。

最近仕事でも疲れ気味なら
その場でできるストレッチと歩くことがお勧めです。
でもただ歩くのはつまらないですから花散歩はいかがでしょうか?

5月に咲く花といえば道でよく見かけるのはサツキやハナミズキ、
シャクナゲやポピーなども見頃です。
そろそろドクダミの花も咲くころです。

街路樹も見ると面白いですよ。

体に負担のない季節だからこそ歩こう

植物をみて歩くことで植物への関心が生まれ、地域への関心ができ、
身の回りの整理がつき、心を整えることにつながっていきます。

今の季節が一番気持ちよく散歩できますね。
適度に暑くて湿気も少ないので負担が少ないのです。

歩くと毛細血管を育てることになる

歩くときに私たちの体で一番影響を受けるのは血管です。
それも小さくて細い毛細血管です。

ここに血流が流れるということは
隅々まで血管が機能し血液が酸素を送っていることになります。

歩くことで毛細血管に適度な刺激が与えられ、
それが体を巡ってたどり着くところが心臓です。
心臓もリスミカルに健全な心拍数として刻まれます。

そして毛細血管は日々変化します。
歩くことで流れやすく変化し、増えていきます。

高血圧の高齢者には血圧が安定することからウォーキングがお勧めされます。
それは毛細血管が広がり心臓への負担を減らすからです。
毛細血管を育てるにとてもいい時期ですね!

また体の中にはリンパ液という流れもあります。
このリンパは筋肉が動くことで圧迫されて流れます。
運動しないと流れていかないんです。

少しの刺激でも変化する体ですから、
歩いて血液やリンパの流れを良くしておくことは大切ですね。

歩きにくい道はあなたの刺激になります

そして歩く時に大事なことは舗装されていない道を歩くことです。

舗装されていない道といえば、

砂利が敷き詰められているところ(神社の境内とか)
土がむき出しのところ
落ち葉が落ちてふかふかした土になっているところ
柔らかい草が生えているところ
岩場や海岸


などですが、小石や土で歩きにくいですよね。

でもその歩きにくさがあなたの体に刺激になります。
その反動を体の反対側でその刺激を吸収し、体のバランスを取っています。
歩く場所によって全て体が感じる感覚も違います。

こうしたところをゆっくりと丁寧に歩いてみましょう。
バランス感覚を再認識できます。
アスファルトのような舗装された道では得られない感覚です。

新月をすぎたばかりだからこそ

12日は新月でしたが、
新月をすぎたこの時期はとても呼吸が大事な時期でもあり、
自分のパーソナルスペースに侵入されるとストレスを感じます。

隣のデスクの人の書類が自分のデスクにまで広がっているとか
食事中に隣の人の動作が気になってしまうとか
今やろうと思っていたことを指摘されるとか

そして、何かを表現したいという気持ちが強くなります。
ブログを始めたり、何かを作り始めるのもとてもいい時期なのですが、
気持ちばかり焦ってしまうことが多いのです。

そのためにも歩いたり、呼吸を意識することで、
イライラ解消をして欲しいと思います。

デコボコした道を丁寧に歩くことは
バランスが取れていることを再確認でき、
行き過ぎてしまう心のバランスも取ってくれるのです。

-┗花散歩, なごみはなたび

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.