なごみはなたび

すべてが美しく見える季節へ・・・

フラワーヒーリングセラピストの希依です。
 
昨夜のみんポジ👍では来週の満月の話をさせていただきました。
 
来週の満月とその心をお話ししたのですが、
身近に感じられる天体だからこそ興味が湧くのでしょうね。
 
月の満ち欠けは
 
朔(さく、新月)→上弦(じょうげん)→望(ぼう、満月)
→下弦(かげん)→朔
 
と巡っていきます。
周期は約29.5日で、これを朔望月(さくぼうづき)といいます。
 
今日は上弦の月ですので、ちょうど新月と満月の間ですね。
明日から小満という季節に入るので、
また流れが変わったと思えるはずです。
 

小満という季節

 
小満は太陽が牡牛座から双子座に入る日でもあるので、
動きにくかった牡牛座の時期と比べても
風の星座である双子座に入ると
物事が一気に流れていくことになります。
 
牡牛座の中で培ってきた実践的な能力を持って、
双子座の好奇心いっぱいの世界に飛び出していく感じです。
 
そのためにも要らないものは切り捨てて、
身軽になっておきましょう!

暦便覧には

 
二十四節気の暦便覧には
 
万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る
 
とあります。
盈満とは物事が満ち溢れるさまを言うそうなので、
陽気がとてもよく、草木が生長して生い茂る緑の季節
と言う意味ですね。
 
秋に撒いた麦が実り、穂をつけるのも今頃。
順調に育っていることを確認して少し安心したのでしょう。
昔の農耕は実りが少ないと生命の危機に直結しますから。
 
双子座に入ることで新しいことばかりに目がいき、
なんでも早く早くと急かされているような
気がするかもしれません。
集中力がかけてしまうのです。
 
そこはゆっくりと見極めるようにしてくださいね。
ゆっくりのんびりしててもスピード感は早いですよ。

弁天様にも会いに出かけよう

また21日は己巳(つちのとみ)の日で、
弁財天様とご縁のある日です。
60日に1回やってきます。
 
金運、財運、芸術運を高めるべく、
弁財天様のいらっしゃる神社へ参拝に行かれるのもお勧めです。
 
太陽が双子座入りをするのもこの日。
朝の4時37分です。
 
 
こうした変わり目には疲れが出ることもあります。
しっかりと睡眠をとって、
英気を養うことも開運するいい過ごし方だと思います。
 
 
.

-なごみはなたび

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.