セルフケア

どんなに素敵な人になろうと思ってもなれなかった理由は?自己否定することの恐ろしさ

2021年3月22日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

あなたの周りにはどんな人がいるでしょうか?

いつも楽しくて笑顔の人
気を許すことができる頼りになる人
あなたが気を使ってストレスを感じる人
あなたの悪口を行ってくる人などなど。

いろんな人がいるはずですよね。

人は病気になる時には相手が必要と言われる通り、
相手のことを『気に病んで』体を壊して病気になるのです。

私は介護をしていた時期にFacebookで介護の話を書いていました。
介護の経験、訪看さんやヘルパーさんへの感謝、行政への不満、先の見えない介護への不安などなど。

情報発信としてはかなりネガティブな話で、
性格上落ち込んで暗くなるというよりは
怒りでいらいらしてくるという感じのことが多かったです。

私がとんがっていてネガティブな感情をだせば出すほど、
応援してくれる人と足を引っ張る人が二極化しました。

他人にネガティブな気持ちをぶつけているんですもの、
自分にもネガティブな反応が帰ってくるのは当たり前ですよね。

そして介護を終えた時にもうしばらくは介護関連の話を書きたくないと思いました。
そのまま介護関係の話を書き続ける方がいいというアドバイスもあったのですが、
私の心が疲弊しちゃったんです。

まさに気にしすぎて気に病んじゃった感じです。

そこで私がしたことは体調を整えるべく動いたことと
気にしないこと、ポジティブな気持ちになれる発信でした。

どんなに気になっていたことであっても、
気にしないでいるように心がけると気にならなくなっていくのです。

会いたいなと思ってもらえる人
元気をもらえる人
あたたかいと思ってもらえる人

こんな人になりたいと思いました。
自分の理想の素敵な人になるようにフォーカスしてきました。

でも〜しなくちゃいけないと思ってたり、
周りの常識に必要以上に合わせようとしちゃうのです。
これって自分自身を否定しているのです。

こんな私の周りには素敵な人たちがそろってくるわけないんです。
私の足を引っ張り、攻撃してくる人がいてあたりまえなのです。

素敵な人になるために自己否定をやめることに気がついたのは2年前です。

だから自分がどんなに頑張って素敵な人になろうと思っても周りで足を引っ張る人がいたのか。
自己否定してたんですね。

だから私をちゃんと認めてあげよう!
ちゃんと会いたいと思える人だけに会うと自分に許可を出そうと思えるようになったのです。

この許可が出ると周りには私のポジティブで素敵な周波数を掴んでくれる人が増えてきました。
素敵な人が増えてくると私自身も自己否定するような暇すらなくなっていきます。

いい循環が生まれてくるのですね。
気に病むことはなくなり、気にしなくなり、気にならなくなる。
最終的には気がつかないのだとか。

なるほど暇がなくなれば確かに気にかけていることはなくなり、気がつかないわけだ。
まずは自分が変わるのが大切なわけですね。

-セルフケア

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.