セルフケア

不安があると食べ過ぎてしまう?食べ過ぎてしまう心を整理しよう

2021年5月16日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。
 
12日に新月を迎えて月はどんどん満月に向かって丸くなっています。
20日に上弦、26日に満月なのですが。。。
 
今回の満月は今年一番のスーパームーン。
そして皆既月食があります。
 
月が登ってくる時間には少しづつ欠け始め、
20時14分の満月の時間前後には皆既月食がみられるはずです。
お天気が良ければ日本全国で。
 
 
その満月に向かって
なんとなく未来に不安を抱えている人ほど
過激に食べたくなってしまうかもしれません。
 
 
たしかに不安を打ち消すように
食べ物を口にすることで、
幸せホルモンを出してごまかすということは
よくあることなのだそう。
 

不安を感じて食べてしまうこととは

 
食べ物を食べて幸せを感じることはいいことだけど、
不安を打ち消すために食べて、
食べた幸せ感と不安をすり替えるわけだから、
いつも不安を食事と一緒に食べていることになりますね。
 
空腹を感じる前になんでも口にしてしまうわけで、
まさにその不安を感じることを
避けるようにしているのです。
 
 
心の不安は誰でも持っているもの。 
 
 
その不安が
緊張感という姿に変わって表に出てくるのです。
 
緊張感は必要だけど、
変に緊張しなくてもいい。
 
深呼吸して、
私は今どんな不安を感じているんだろう?
 
と探ってみましょう。
意外と不安がないかもしれません。
 

月が私たちに与える影響

月は私たちのホルモンバランスに影響します。
 
月経がひどくなる人も多いし、
犯罪率も高くなる傾向があります。
過食してしまいやすくなり、
満月に向かう時期はダイエットは向かないとも言われます。
 
特に満月に近づくにつれて、
手っ取り早く気持ちを落ち着けて緩めたいので、
甘いものが欲しくなったり、
栄養不足から手っ取り早いエネルギーにするために
ジャンクフードを食べたりしてしまいがちなのです。
 
食べすぎてしまうのは仕方ないとして
ゆっくりとよく噛む習慣を作ってみませんか?
 
ナッツなどをゆっくりと噛むだけでも
落ち着きますよ。
 

香りで不安解消!

この不安を探り解消に向かうためにおすすめの香りは
柑橘類。
オレンジやグレープフルーツがお勧めです。
 
柑橘系の香りは消化器系の機能向上させるので、
胃腸の働きがよくなります。
このことから食欲も増すことがありますが、
肝臓や胆嚢も強化すると言われています。
 
成分の中のリモネンという成分は
交感神経を活性化して血の巡りをよくして、
エネルギーの消費を高めます。
脂肪の分解酵素であるリパーゼの分泌も促すので
脂肪燃焼にも繋がるとか。
 
またビタミン類の働きを強くするので、
肌荒れや風邪予防にもつながります。
 
このリモネンが多く含まれているのが
グレープフルーツです。
 
香りを楽しむだけではなく、
サラダに入れたりして食べるのもお勧めです。
 
デザートとして食べるのは
食べ過ぎたくないと思うこの時期は
ちょっと量が多いように思います。
 
 
また丸く黄色やオレンジの丸い姿は太陽を思わせ、
気持ちを前向きにしてくれます。
またネガティブな不安を一旦受け止めて、
元気を与えてくれます。
 
 
気持ちが落ち着けば、
次第に過食も落ち着きますよ。
 
 
 
私も一時期、
不安を食べて解消してた時期ありますよ。
そのときは不安が大きくて食生活は乱れてました。
座って食べてる暇がなくてだいたい立って食べてたしね…笑
 
今回はスーパームーンで
この食べ過ぎる影響は強くなると思います。
 
 

2021年5月26日の満月情報

月の出(東京)18時37分
月がかけ始める時間 18時44分
皆既月食の始まり 20時09分
満月時間 20時14分
月の近地点 20時14分(約357,000km)
皆既月食最大 20時18分
皆既月食の終わり 20時28分
月が丸く戻る時間 21時52分
(国立天文台HPより)
 
 

-セルフケア

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.