セルフケア

むくみ知らずの体を作る習慣を身につけよう

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

梅雨入り前のこの時期湿気も多いせいか、
水を飲むとむくんでしまうことはありませんか。

湿度も高く、なんとなくお水を飲まなくても過ごせることから、
水分を摂らないでも済むこともあり、
気がつくと喉が乾いているということもあります。

それでも1日に2Lは水分を摂取といいますね。
だから、水を飲むとむくんでしまうという話もよく聞きます。
こんなお水の飲み方をしている人は要注意です。

一気に飲む量を増やす

あまり水を飲んでいなかった人が
1日に摂取する水の量を一気に増やすと
体がついていけなくてむくんでしまうようです。

一回に大量に飲む

1回に飲める量は人それぞれです。
目安はコップ1杯ですが、それ以上一気に飲むとむくみます。
何事もほどほどで、こまめに飲むのが良いということですね。

飲む回数をふやす

目安はトイレに行く回数です。
1日8回未満なら水分が足りていないといわれます。

今はさほど暑いと感じることはないのですが、
それでも汗や呼吸からも水分は失われていきます。

体内で水分を循環させることを考えたら
やっぱりトイレ8回未満では水分が足りていないことになるそうです。

その水分不足がよくわかるのはお肌です。
ちょっと最近、お肌の調子がいまひとつだなとか、カサつくなとかを感じたら、
水分不足の合図です。

水を飲むタイミング

もちろんこまめに飲むのは生活スタイルもあると思いますので、
目安として書いてみます。

朝起きた時、
3度の食事の時、
家に戻った時
お風呂に入る前
お風呂から出た時
寝る前

以上で8回のタイミングができますね。

1日に飲む量は?

では1日のお水の量はどのくらい飲んだらいいと思いますか?

正解は

体重 ×   30ml

です。
体重50kgだと50  ×   30  =1500で
1.5Lが飲む量になるんです。

わかりやすいでしょう?

1日の量を計算して8回で割ると

1日のうちに何度かに分けてこまめに飲むようにしましょう。

1回に飲む量は
上の例の体重50kgだとすると約180ccです。
コップ1杯ぐらいですよね。

これでも1回の量が多いと感じたり、むくみと感じたら飲むタイミングを自分で決めて
増やせばいいのです。

私も1回にたくさん飲めなくて、
仕事する時のパソコンの横にお茶を置いて
気がついたら飲むようにしています。

こまめに飲むことを意識してみてください。

またお水だけでは飽きてしまうと思うので、
レモンを絞ったり、炭酸水や白湯にしたりと飲み方を変えることもできます。

まとめ

梅雨が明けたら蒸し暑い夏がやってきます。
その時にこまめに水分を摂る習慣が身についていないと、
水分摂取でむくんでしまうことになります。

暑いと1度に大量に水を飲みたくなります。
でも1回に体が吸収できる量はそう多くはありません。

今から水分を摂ることを意識して
梅雨明けの蒸し暑い夏もむくみ知らずの体で過ごしたいですね。



-セルフケア

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.