和ハーブ

春の妖精、もうひとつ〜カタクリ

2020年4月3日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

毎年春にカタクリの写真を撮ってきましたが、
カタクリ自体のお話はしていませんでした。
ということで、 今日はカタクリのお話です。

カタクリのプロフィール

カタクリはユリ科カタクリ属の多年草。
古くは、堅香子(カタカゴ)と呼ばれていました。

種類はたくさんあるのですが、
日本の固有種もあります。
学名は、Erythronium japonicum  

春先にピンクの花を咲かせ、
ニリンソウとともに春の妖精と呼ばれています。
英語ではスプリング・エフェメラルと言いますが、
エフェメラルとははかない命という意味です。

カタクリは春の2ヶ月ほどだけ地上に出ていますが、
残りの10ヶ月は地下で鱗茎に栄養を蓄積しています。
それでは確かにはかない命と言われるわけですね。

カタクリの花は種から発芽して咲くまで9年かかります。

カタクリの根っこの鱗茎の形がクリの片割れに似ているので、
片栗という名前がついたのだそうです。

鱗茎を日干しして取れるデンプンは良質で滋養が高く、
腹痛や体力がない人の下痢止めになるそうです。

春にはニリンソウとカタクリを見るのが楽しみですが、
こんな時期にも関わらず今年も見ることができたのは
とてもありがたいことでした。

*メルマガ登録 https://kie-aroma.jp/p/r/lTr4YC8P

-和ハーブ

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.