名前の読み解き

上杉謙信公を名前から使命を読み解き

2020年4月15日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

今日は上杉謙信公を読み解きます。

上杉謙信公は1530年2月18日生まれ。
48年間の生涯で4度改名し5つの名前を持っています。

どの名前も忍耐と苦労を重ねてきた名前です。

広い視野を持ち物事の兆しを読み、
的確な指示を出してきました。
頭領として人を導き、努力して成功を積み上げたのです。

カンの良さ、直観力の鋭さに加え、
それを信じきる強さ持ち合わせていました。

性格は穏やかで物事を俯瞰してみることができ、
どんな状況でも落ち着いていて、
ゆったりした印象もあったと思います。

しかし、それは長続きはせず、
作り上げては壊し、作り上げては壊れてきました。

また外見は華やかに見えても困難が降りかかり、
家族との縁も薄いのです。

養子に入ったり、相続で揉めたり、
結婚して家族を作らなかったのも
名前からして家族の縁が薄かったと言えます。

また上杉謙信という名前は
控えめに慎ましやかに神に祈って暮らしたいと言いう
名前の意味とは裏腹に、
極端な出来事が次々に起こり
平和な気持ちにはなれなかったでしょう。

極端から極端へ繰り返す物事との
バランスを取ることが彼の使命であり、
そのために苦悩したと思います。

最後まで自分の想いと現実のギャップに
翻弄された人だったのではないかと思います。

*メルマガ登録
https://kie-aroma.jp/p/r/lTr4YC8P

-名前の読み解き

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.