IFAアロマセラピスト希依の心を癒やす香りと花のサロン

なごみはなたび

ハーブ

控えめな美しさの花〜スミレ

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

海外ではバイオレット。
日本ではスミレ。

大工さんの仕事道具のスミツボの形に
花の形が似ていることから名前がついたそう。

可愛らしい花ですよね。
これからの時期から5月頃に咲きます。
もうひと月すると鎌倉では
かなりたくさんの種類のスミレが咲きます。

そのスミレをご紹介しますね。

スミレのプロフィール


スミレはスミレ科スミレ属の多年草です。
特に学名がViola mandshuricaを
指すことが多いようです。
これは日本に自生しているスミレです。

思慮深い、奥ゆかしい、控えめな美しさ
などと表現され、聖母マリアの花とされます。
 宝塚歌劇団の歌にも歌われていますね。

かれんな姿はカードや装飾として
よく見かけると思います。
葉がハートの形で青や紫の花を咲かせ、
寒さに強く、暑さにはとても弱い植物です。

古代ギリシャの文献にも登場したり、
独特の甘い香りがヨーロッパでは好まれ、
化粧品、飲み物、お菓子などに使われてきました。

スミレの砂糖漬けは
マリー・アントワネットの好物だったそうですよ。
スミレの花は昔から愛されていたのですね。
デメルではスミレの花の砂糖漬けが販売されています。
(日本の店舗では取り扱いがないみたい)

可憐なスミレですが、
コンクリートや生垣の割れ目から
芽を出すとても強い植物でもあるのです。

スミレの香りの効果は? 

スミレは昔から民間薬として
呼吸器系の不調のために使われてきました。
また、頭痛や二日酔いにも使われたようです。

冷えやむくみにもいいんですよ。
利尿作用や発汗を促し、循環器系を刺激、
体を温め、老廃物の排出にも役立ちます。
通風やリウマチの緩和にも使われたようですね。

心には精神的な不安定を鎮めます。
イライラや怒りの感情や不安からくる不眠症などに良いのです。
感情のコントロールがしにくい時に
気持ちを落ち着けて自分を取り戻す助けになります。

スミレのエネルギーをいただきましょう! 

スミレのエネルギーをいただくなら、
バイオレットシロップはいかがでしょう。

お菓子作りに使われるものですが、
薄いパープルのきれいなお菓子になります。
ヨーロッパではマシュマロやスコーンが有名だとか。
パウンドケーキやタルトのレシピも多いです。
ジュースやお酒と割って香りを楽しんだり、
紅茶に入れるのもいいそうですよ!

シロップなら気軽に香りを楽しめそうですね!

またスミレの砂糖漬けも
ヨーロッパでは有名なお菓子です。

エッセンシャルオイルもあります。
バイオレットリーフという葉を
溶剤抽出したもので、特に禁忌はありません。

ブレンドするなら
どんなタイプの香りでも調和します。

古典的な香りを作りたい時におすすめです。
ちょっと古典的すぎるかも…笑

植物を直接触る場合は、種子や根茎に毒があるので気をつけて。

味や香りと共に、かわいらしい姿もぜひ楽しんでくださいね!

-ハーブ,

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.