アロマテラピー

夏の不快なあせもをハーブとアロマでさくっと退治〜植物の力でケアしよう!

2020年8月14日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

夏の暑さで今年初めて汗疹ができました。
首回りがとても不快です。。。

汗疹でも汗だけでもなんだか痒みが出る。

こんな時にもハーブや精油でケアしていきましょう!

汗を拭くためのおしぼり

写真AC

水にペパーミントもしくは和ハッカを1滴たらし、
おしぼりを浸したものを絞って、ビニールに入れ冷蔵庫へ。

帰ってきた時にそれで汗を拭くととってもひんやり。
早く汗がひきます。

ミントの香りは熱を下げる効果もあるので、
炎症も抑えてくれます。

ボディースプレー

精製水+ラベンダー 、ゼラニウム、ジャーマンカモミール、マートルなどで作ります。
使用前にシャカシャカ振ってからスプレーしてください。
これは精製水のみのボディー用スプレーですからご注意を。
エタノールを使っていなくても精製水に精油は溶けないので、
肌が弱い方はご注意くださいね。

1%濃度で作ってください。50ミリのボトルなら10滴まで。
マートル多めにしておくと虫除けスプレーにもなると思います。

クレイを入れたレシピも見かけたので、次回はクレイを入れてみよう。

芳香蒸留水やハーブティー

写真AC

ラベンダーやカモミールなどを蒸留したフローラルウォーターや
ハーブティーもスプレーにできますね。

芳香蒸留水は水にハーブの水溶性成分が溶け出しているので、
精油とはまた違って効果があると思います。

長期保存には向きませんので、
冷蔵庫保存で1週間以内に使い切ってくださいね。

私は先日ヨモギのティーを作り、小分けして冷凍しました。
少しづつ解凍して体を拭くのに使ってます。
これもなかなか良さげです。

汗疹は汗のたまりやすいところにできます。
首や肘や膝の内側、お腹周りなど、
汗をかいたら早めに拭いてきれいにするのが一番ですが、
できちゃったら香りとお花のパワーを借りてさくっと直してしまいましょう!

*メルマガ登録 https://kie-aroma.jp/p/r/lTr4YC8P

-アロマテラピー

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.