セルフケア

頑張りが効かない時こそお米を食べよう!

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

ここ最近頑張りが効かないなと思うことはありませんか。

やることは山積しているのに
それをこなす前に疲れてできなくなってしまうことや
元気に歩こうと思ってもすぐ疲れてしまうなど

あれ、ちょっと前までは平気だったのにおかしいな?
と思うことは多いはず。

疲れたから今日はお肉をたくさん食べようと思って
食べた後胃腸の調子がおかしかったり。

頑張りが効かない時には

そんな時に見返して欲しいのが
ちゃんとごはんを食べていたかな?ということ。

そのごはんは日本人のDNAに刻まれた食生活の方です。

ちゃんと食べていたけど頑張りが効かない人は
きっと『お米』を食べていないはずです。

消化がゆっくりで血糖値も上げにくいお米は
日本人の体にぴったり合っている食べ物です。

お米、味噌醤油などの調味料、漬物などの発酵食品。
この3つが揃えば最強でしょう。

食事改善で、おにぎり、味噌汁、漬物だけでひと月生活する
という方法を薦めている人とお話したことがあります。

実際その方のご指導で友人がひと月挑戦し、
なんとなくの具合の悪さを解消したことがありました。

その方がおっしゃるには

ごはん、味噌汁、漬物の3つだけを食べて過ごすことを
コンビニ食材でいいからそれを始めなさいと。
そのうち、コンビニの食事に満足できなくなり、
自炊を始め、その食品の良いものを食べ始めるのだとか。

基本は米と発酵食品なんだなと。
日本人のエネルギー作っている食品なんですね。
こだわるならそこなんだと。

エネルギーを発する食べ物だからこそ『米』という字になった

『米』という字は四方八方へ氣を放つ字です。
氣という字には气(気構え)に米と書きます。

まさにエネルギーを発散する力があり、
体に氣を取り込み命を養う食べ物がお米なんですね。

また稲という文字にも命の根という意味があります。

疲れたら『お米』を食べるのが日本人の体の回復に最適なのです。
本当に疲れた時にはまずごはんを食べて解消しましょう。

日本人はお米を食べるとパワーが出るんです。
その米を補ってくれるのが発酵食品だということも。

今頑張りが効かないと思った方は
お米をしっかり食べてパワーもいただいてくださいね。

-セルフケア

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.