IFAアロマセラピスト希依の心を癒やす香りと花のサロン

なごみはなたび

心と体を整える

やる気を取り込む方法〜吐き出すことと姿勢と呼吸

フラワーヒーリングセラピストの希依(きえ)です。    

呼吸って深いほうがいいですよね。
深いほうがいいとはいえどのくらいの長さなのか?
そう思ってちょっと計ってみました。    

吸う 平均22秒  
吐く 平均25秒    

自分でもびっくりの浅い呼吸でした。。。

呼吸は絶えず繰り返すことで、 たくさんの酸素を取り込んでいます。     
またその場の気を取り込んでいます。     

散歩に行って気持ちの良いところなら
しばらくいてたくさん深呼吸しますね。

でもあまり空気のきれいでないところなら
息を止めて足早にその場を立ち去ることも。           
どうせならいい気を貰いに行きたいですよね。          

東洋医学では

浅い呼吸は『肺』まで届き、
深い呼吸は『腎』まで届く

とされています。        
腎は生命力を司っているので、
深い呼吸が生命力の源になるということですね。
弱るとやる気が無くなっちゃうんです。         

改めて呼吸を見直すと自分の体が大事に思えます。
日々の呼吸も大事にしていきましょう。

もうひとつ。

吸う息は情報収集
吐く息は自己表現

これはおのころ先生がおっしゃっていたように思います。

私の22秒に25秒では本当に少な過ぎですね。
自己表現を含めての情報収集をしていきたいですね!

呼吸には姿勢も大事

姿勢がいいということは 体幹がしっかりしているということ。

かっこいいとか素敵だなと思う人は
猫背だったり足元がふらついていたりはしないですもんね。

パソコン仕事だとどうしても猫背になりがち。
スマホを触っている時も同じように猫背に。
肩もこるし、首も痛くなります。
こうなると悪循環ですよね。

少し姿勢を正して 深呼吸をしてみましょう。

気持ちよく深呼吸をすると
俯瞰した状態で物事を見ることができます。  

姿勢を良くすると胸郭も開くので 呼吸しやすくなります。

呼吸しやすくなると、
酸素の供給が増え、 脳が働き、血液の循環が良くなります。

体温の上昇と共に基礎代謝も上がる。
基礎代謝が上がってダイエットにも?

口を開けて呼吸しない

私は毎朝の散歩は意識して歩くようにしています。
散歩の時の要注意は口呼吸しないこと。

口がぽかっと開いてたら疲れているように見えるし、
なんかカッコワルイよね…笑

もちろん今はマスクをしているとはいえ、
口呼吸では 風邪にかかりやすくなりますし、
アレルギーを引き起こす原因にもなります。

また 虫歯、口臭、歯周病の原因になるのだとか。
しかも老化も促進するんですよ!

姿勢を正して鼻呼吸をすることで20歳は若返ると言います。
そりゃあ鼻呼吸をしようと心がけますよね!

こう書いていると結構いいことづくめですよね!
そこまでするには 呼吸もかなりハードな運動のはず笑

すべては姿勢と呼吸から。 体幹も整うはず。
そう思いつつまた明日も歩こうと思います。

-心と体を整える

Copyright© なごみはなたび , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.