ハーブ 和ハーブ

沖縄の常備野菜といえば・・・?〜フーチバー(ヨモギ)

2020年12月2日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

沖縄では食べるものこそ、生きるを養うための自然の薬として
命薬(ぬちぐすい)といわれるそう。

沖縄ではチャンプルー(ごちゃ混ぜ)という言葉があるように
古くからアジア南部や中国との交易があり、影響を受けてきた地域です。
そのため、琉球独自のハーブに加え、
その交易からもたらされたハーブをたくさん使ってきました。

沖縄のハーブといえばウコン、ゴーヤ、ゲットウ、シークワーサー、
ヒハツモドキ(唐辛子)などが思いつきますね。

でも沖縄の方の1番の命薬はフーチバーだそうです。
フーチバーはヨモギのことです。

熱や血圧を下げるサギグスイとしてスーパーにも1年中置かれている常備野菜なのだとか。

これは最初に聞いたとき、意外にもヨモギなんだとびっくりしました。
ヨモギは折に触れて何度かご紹介したことはあるのですが、食べるためのご紹介はしてなかったかしら。

沖縄のヨモギはニシヨモギという種類で、苦味が少ない種類です。
ビタミンA、カルシウム、カリウム、鉄分を多く含み、
独特のさわやかな香りがあります。
沖縄では古くから細かく刻んでシューシ(炊く込みご飯)に入れたり、
肉汁や魚汁、山羊汁の臭み消しや薬味として食されてきました。

このフーチバーだけではなく、
サクナ(ボタンボウフウ)とかンジャナパー(ホソバワダン)などの食材もあり、
伝統的な料理もたくさん。

しかしこの昔ながらの食生活も忘れられつつあり、
日本有数の不健康県へ変化しているそう。

こうした沖縄の伝統植物の見直しや掘り起こしが
長寿と健康の県、沖縄の復活の鍵なのかもしれませんね。

-ハーブ, 和ハーブ

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.