セルフケア

夜間に熱中症にならないためのヒント

2020年8月12日

フラワーヒーリングセラピストの希依です。

今日は気温が40度を超えたところもあったとか。
本当に暑い日が続きますね。

しっかりとした水分補給は大事になってきます。
夜になっても暑さはなかなかひかないもの。
夜間に熱中症になりやすいので、 注意しましょう。

夜間に熱中症にならないためのヒント

写真AC

熱中症は 気温か高く、湿度が多く、風が少ない というところで起こるのだそう。
熱中症の約4割は夜間に発症しているそうです。
熱中症の初期段階の症状は
気持ちが悪い、だるい、めまい、立ちくらみ、 こむら返り、手足の痺れなどで、
睡眠中には自覚できないことから重症化を招いてしまうようです。

日が沈んで気温が下がっても
昼間温められた壁や屋根に熱がこもることや
防犯のために部屋を閉め切ってしまうことも原因とか。

エアコンはつけっぱなしにする

電気代がもったいないと数時間で切れる設定で就寝する方も多いかと思いますが、
そのエアコンが切れた後、 熱中症になりやすいのだそう。

エアコンの風が直接体に当たらないようにすること
扇風機で風の循環をするということ
温度設定は28度以上にしておくこと

この3つがエアコンをつけて寝るというポイントです。

寝具を涼しく

寝る時のパジャマは吸汗性のあるもの、
寝具はクールダウン効果の高いものを選ぶのも大事。
快適に眠れないと翌日に疲れが残ってしまいます。

寝る前と起床時の水分補給

一晩寝るだけで200〜500mlの水分が 汗になって体から出ていきます。
ペットボトル1本分ですね!

寝る前にコップ1杯 起床時にコップ1杯と気をつけて飲むようにしましょう。
枕元にお水を置いておくのもお勧めですよ。

就寝前のアルコールや
お茶やコーヒーなどのカフェインの含まれているものは
利尿作用があるので脱水症状になりやすいです。

厚生労働省のポスターにも
「目覚めの1杯、寝る前の1杯」 と水分を取ることを推奨するポスターもありました。
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/20poster2.pdf

寝ている時の熱中症は症状を自覚できないからこそ、
予防が大事ですね。
水分補給をしっかりと歩い夏を過ごしましょうね。

*本当のあなたを見つけるセッションまだまだ募集中です。
セッション鑑定枠(各1名さま)
8月22日(土) 午前中
        13時〜
        18~21時 
8月27日(木) 午前中
        13時〜
        15時〜 
        
詳細、お申し込みはこちらをご覧ください。
https://kie-aroma.com/?p=1794

-セルフケア

Copyright© なごみはなたび , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.